プロフェッショナルカスタムマシン

プロの製作したカスタムマシンは、市販化されたパーツをただ取り付けるだけではない。取り付けたパーツの性能をフルに発揮できるようにセッティングしたり、細かいフィッティングにもこだわっていて、それがひいてはマシンとしての完成度の高さに結び付いているのだ。その実例をここでは紹介する。

カワサキ
Z1000J by サンクチュアリー本店

何かしらを目立たせるのではなく違和感を打ち消すことに注力

Z1000J by サンクチュアリー本店

ページを共有

サンクチュアリー本店を旗艦店とするサンクチュアリーグループが提唱するコンプリートマシンRCM。今やRCMは470台以上を製作され、同社の名をカスタムシーンにきざむ礎となって久しい。今回紹介するZ1000JもそのRCMの一台だ。RCM-468として半年以上の製作期間を経て、オーナーと同社のこだわりが随所に注ぎ込まれた仕上がりとなっている。

そのこだわりとは“まとまりのよさ”。カスタムパーツの存在感を主張させたり、そのために各部のフィッティングには非常に時間を要したと、製作を担当した中村博行代表も語っている。

Z1000J by サンクチュアリー本店


カスタムパーツギャラリー

  • Z1000J by サンクチュアリー本店 エンジン
    エンジンはヴォスナーφ71㎜ピストンで1,045㏄にボアアップされたほか、クランクのフルバランス、サンクチュアリーコウガ製6速クロスミッション、PAMS製バルブなどを取り入れて強化。少し前まではレストア中心のエンジン作業が多かったが、今はしっかり走れる心臓を作りたいという要望が増加中
  • Z1000J by サンクチュアリー本店 メーター
    メーターは05年式Z1000の流用品。同社は社外製、たとえばスタック製を用いることも多いが、純正ならではの信頼性、そして樹脂製であることでの軽量化を評価して採用例も多い
  • Z1000J by サンクチュアリー本店 マフラー
    マフラーはナイトロレーシングのチタン製で、サイレンサーはグレネードV-¡を採用する。サイレンサーは各種用意されており、RCM製作時に豊富なラインナップから選択可能だ
問い合わせサンクチュアリー本店
住所千葉県柏市大井554-1
電話番号047-199-9712