カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、国産スポーツバイクのカスタムマシンを紹介。いずれもプロならではの細かなこだわりやセッティングなどが注ぎ込まれ、アマチュアではなかなか到達できないようなハイレベルな仕上がりばかり。個々のパートのパーツチョイスや細かな仕上げ、車体姿勢の妙など、アマチュアでも参考になるポイントは多い。自身が乗っているモノと同一車種はもちろん、他車種のカスタム内容も参考にして、理想のカスタムマシンを構築しよう!

スズキ
SV650X by エーテック

海外で高い人気のSV650/X用外装パーツを新たに多数展開

SV650X by エーテック

ページを共有

今後もスズキ車には注力予定。ぜひご期待を

最近ではスズキ・KATANAやBMW・G310Rの外装パーツも手がけているエーテックが、ヨーロッパを中心に根強いファンが多いSV650/X用外装パーツを開発。素材別や仕上げ別を含めれば、なんと全93種類という展開だ。

基本的に、今回SV650X用として製作された外装パーツはエーテックとしてのまとまりを重視した設計となっている。そのため純正と同形状のパーツもあれば、純正から延伸したモノもあるし、一部形状変更したモノも含まれている。

SV650X by エーテック

たとえばラジエターホースカバーSPLは純正から約100㎜延長した形状となる。これは純正と同形状のパーツを純正と同じ場所に配置すると、少し目立ちすぎると判断したとのこと。そこで同社で検討し、延長することでまとまりのよさを見出している。この辺りは多数の外装パーツを手がけてきた経験が活かされた格好だ。

スライダーやラジエターコアガードを除くほとんどの製品には、価格帯が抑えめで修復が容易なFRP製(黒・白ゲル)から、高級感と高い強度が期待できる平織・綾織のカーボン、カーボンケブラーの5種類が用意されている。すべてカーボンにしてドレスアップ効果をより高めるのもいいし、FRPでペイントも含めて個性を演出するのもいいだろう。今まではカスタムといってもほぼ選択肢がなかったSV650Xに、新しい楽しみ方が生まれたのだ。

SV650X by エーテック

なお、今回のデモ車装着製品はすべてウェットカーボン製。エーテックといえば”ブラックダイヤモンド”というブランド名で展開するドライカーボンパーツでも有名なので、これには少し意外に思えたが、もしかしたら今後、ドライカーボンの展開もあり得るかも!?とのことだ。

カスタムポイント

SV650X by エーテック

とくに近年では車種を問わずスライダーやガードパーツの需要が高いが、エーテックではSV650Xにはカウル類だけではなくスライダーやガード類も用意した。とくにローラー式スタンドフックスライダーは同社ドライブチェーンガードと同時装着可能で、さらにレーシングスタンドフックとしても活用できる。


カスタムパーツギャラリー
  • SV650X by エーテック ラジエターコアガード
    走行時の虫や小石からラジエターの損傷を未然に防ぐラジエターコアガードも開発。中央に同社ロゴ入りのスタンダートと、中央部を重点的に防御するタイプRの2種類展開だ(写真はスタンダード)。1万6,500円〜
  • SV650X by エーテック アンダーカウル
    SV650Xでレースやサーキット走行を楽しむユーザーを想定してアンダーカウルも用意。こちらは純正マフラー対応・サイドスタンドも使用可能なのでストリートでも使いやすい仕様とした。3万3,000円〜
  • SV650X by エーテック フロントフェンダー
    フロントフェンダーは純正形状のモノと、両サイドがフロントフォーク前面まで張り出すようにして空気抵抗の低減をねらったSPLとの2タイプを用意(写真はSPL)。1万6,500円〜
  • SV650X by エーテック ラジエターカバー
    純正ラジエターカバーは三角形の抜きを設けて視覚的な変化を持たせているが、同社では大きさなどは純正に準拠するものの、表面をプレーンに成形して意匠面で差別化。1万5,400円〜
  • SV650X by エーテック タンクカバー
    タンクへのキズ付き防止として要望が多いタンクカバーを同社は2タイプ用意。基本的に人気車種用にしか専用品がないような製品だけに嬉しいところだ。写真のタイプRが1万7,600円〜、タイプSは9,680円〜
  • SV650X by エーテック タンクフロントカバー
    SV650/Xはガソリンタンクとフレームの間にカバーを設けているが、この質感を高めるべく同社ではタンクフロントカバーも製作。写真はカーボンだがFRP製も展開する。2万2,000円〜
  • SV650X by エーテック サイドカバー
    サイドカバーも純正形状で新しく製作したモノを用意。2万2,000円〜。また、フレームが黒いため意外と目立つことになるリヤブレーキのフルードカップ用タンクガードも製作した。3,080円〜
  • SV650X by エーテック チェーンカバー一体式リヤフェンダー
    リヤタイヤは余計なモノを巻き上げ、リヤまわりを汚したりキズ付けることもある。そういった汚れの飛散などを低減させるチェーンカバー一体式リヤフェンダーも用意。1万6,500円〜
  • SV650X by エーテック チェンジロッドガード
    チェンジロッドガードとしてドライカーボン製カバーも用意。転倒時、万一にも変形すると走行に支障が出るだけに高強度のドライカーボンを使用することで安全性を確保する。4,400円
問い合わせエーテック
住所兵庫県加古川市平岡町高畑597-1
電話番号079-454-7222
Webサイトhttp://www.a-tech.org/



人気記事