プロフェッショナルカスタムマシン

プロの製作したカスタムマシンは、市販化されたパーツをただ取り付けるだけではない。取り付けたパーツの性能をフルに発揮できるようにセッティングしたり、細かいフィッティングにもこだわっていて、それがひいてはマシンとしての完成度の高さに結び付いているのだ。その実例をここでは紹介する。

カワサキ
GPZ900R by ブルドッカータゴス

純正ライクなスタイルで初めてのニンジャを堪能できるように作り込む

GPZ900R by ブルドッカータゴス

ページを共有

初めてだからこそニンジャの魅力である、乗りやすさを感じてもらえる仕様を重視

今回紹介するGPZ900Rは基本的にノーマルライクであることをベースとして、足まわりのグレードアップを重点的に作り込み、乗りやすさを最優先させた仕様となっている。

GPZ900Rとはかつてカワサキが世界最速マシンをねらい、生み出したフラッグシップモデル。時代が下るとともに世界最速ではなくビッグバイクカテゴリーにおけるスタンダードモデルという位置付けとなり、ビッグバイク入門モデルともされていたが、もともとの乗りやすさがあってこその立ち位置だ。この乗りやすさは同社代表の田子敏幸氏も高く評価しているところであり、その乗りやすさをそのままに、各部をグレードアップさせることで安心感を高めることを提唱している。

じつはこのマシンのオーナーは現在62歳で、それも水冷車が初めてなのだという。そこで何から何まで最初から作り変えてしまうのではなく、まずGPZ900Rというマシンの素性を知ってもらいたいと田子氏は考えたとのこと。そこで重視したのは純正ライクであることだった。

「見た目もさることながら、GPZ900R純正はどんなエンジンフィーリングで、どんな旋回性能なのかを知っていただき、さらにそこからよさを引き出すことを主眼としました。純正のままでは少し危ない、あるいは安心して走り込めない部分となる足まわりに関してはグレードアップさせつつも、純正のフィーリングを極力変更せず楽しめることを目指しています」

カスタムのねらいをこう解説する田子代表。そこでエンジンやキャブレターは調子のよい純正を入手し、採用。吸排気はというと吸気側はDNA製エアフィルター、排気側にはノジマエンジニアリング製マフラーを採用し、パワーアップさせつつも扱いやすい特性をねらっている。

GPZ900R by ブルドッカータゴス
GPZ900R by ブルドッカータゴス

足まわりはというとフロントフォークはインナーチューブに摺動性を高めるチタンコーティングをほどこし、フォークスプリングをハイパープロに変更。リヤショックもハイパープロに変更することでストリートからワインディングまで多様なシチュエーションへの適合力を高めた。ゲイルスピード・タイプNホイールでバネ下重量を低減させ、切り返しの軽さも追求する。

さらに操作性向上のためブレーキとクラッチのマスター類はゲイルスピード製に変更。レバーレシオなども考慮し、軽く操作できる設定とした。

また外装はアラタカデザインによりGPZ750R(G1)カラーとしているが、これは言うまでもなく映画『トップガン』、そして2021年春に公開予定となった『トップガン マーべリック』に登場する主人公・マーべリックの愛車を意識したモノ。ちなみにヘルメットもマーベリック仕様なのだとか。

観て楽しく、乗って楽しいカスタムマシン。それでいて純正から大きく逸脱せず、当時のよさをそのまま引き出す。さらに各部にはグレードアップする余地を残し、カスタムの楽しさを今後も追求できる。これこそがブルドッカータゴスが多くの、そして長い付き合いとなるユーザーに支持される理由でもあるのだ。

GPZ900R by ブルドッカータゴス
GPZ900R by ブルドッカータゴス

カスタムポイント

GPZ900R タゴスクルーズステムキット

ハンドリングを大きく左右するブラケットには純正フロントフォーク対応のタゴスクルーズステムキットを採用する。オフセット量は純正40㎜から35㎜に変更され、製品名どおりクルージングはもちろんワインディングでの軽快で快適なハンドリングを追求する。なお本製品はセパレートハンドル仕様として販売されるが、今回は特別にバーハンドル仕様に加工した。


カスタムパーツギャラリー

  • GPZ900R by ブルドッカータゴス アッパーカウルのインナーカウル
    中古車で購入すると結構な確率で紛失してしまっているアッパーカウルのインナーカウル。このマシンのようにマジカルレーシング製カーボンを採用すれば配線を隠しつつ高級感あるコックピットを構築できる
  • GPZ900R by ブルドッカータゴス キーシリンダー
    古いマシンだとキー操作によってキーシリンダー上の文字が摩耗し切っていることもある。そのシリンダートップ保護を考慮して製作されたのが同社のFunKeyプロテクトシールだ。樹脂製なので高級感の演出もねらえる。黒も用意
  • GPZ900R by ブルドッカータゴス オリジナルフォークキャプ
    GPZ900Rはアッパーブラケットにフォークトップが隠れている。そのためブラケット交換時にフォークトップが露出してしまい、放置するとフォーク側が錆びやすい。同社ではアクティブ製を加工したオリジナルフォークキャプも用意
  • GPZ900R by ブルドッカータゴス ゲイルスピード製マスターをブレーキ、クラッチ両側に採用
    ツーリングにしろワインディングにしろ、操作系は軽いに越したことがない。とこで同社でも高く評価しているゲイルスピード製マスターをブレーキ、クラッチ両側に採用。ちなみにクラッチ側はφ17.5㎜を採用している
  • GPZ900R by ブルドッカータゴス ラジエターコアガード
    水冷車や空冷車のオイルクーラーのコアは柔らかいフィンで構成されており、走行時の飛び石や虫の飛来で容易に曲がってしまう。曲がると冷却性能は低下するので、その対策として同社ラジエターコアガードを装着
  • GPZ900R by ブルドッカータゴス フロントフォーク
    フロントフォークはA10純正でアウターはペイントだ。インナーチューブはコーティングすることで摺動性と耐久性をアップ。またフロントフォークスプリングもハイパープロとし、初期から動作しつつも奥で踏ん張る、オールラウンドな特性を追求する
  • GPZ900R by ブルドッカータゴス ゲイルスピード・タイプN
    ホイールはゲイルスピード・タイプNで前後17インチ化。ブレーキはブレンボ製キャリパーとサンスター×タゴスのコラボディスクローターという組み合わせ。ここは純正よりグレードアップし、操作性や安心感を高めることを優先
  • GPZ900R by ブルドッカータゴス ノジマエンジニアリング製マフラー
    マフラーはノジマエンジニアリング製をチョイス。近年では同社でもフルカウルの需要が高く、アンダーカウルを装着したままマフラー交換したいという要望も多いという。ノジマ製もアンダーカウルに無加工で装着できる
  • GPZ900R by ブルドッカータゴス リヤショックはハイパープロのエマルジョンタイプ
    リヤショックはハイパープロのエマルジョンタイプで17インチ対応品。同社で乗り心地を最重視してリセッティングした特別仕様を用意しており、とくにエマルジョンは長距離でも疲れにくい特性を重視しているモデルだ
  • GPZ900R by ブルドッカータゴス リヤブレーキはブレンボ2ポットキャリパー
    リヤブレーキはブレンボ2ポットキャリパーとサンスター製φ250㎜ローターという組み合わせだ。これは単純な制動力というよりはコーナーへの進入速度やブレーキングによる車体姿勢の調整といったコントロール性を重視した組み合わせ
問い合わせブルドッカータゴス
住所群馬県伊勢崎市戸谷塚町42-1
電話番号0270-75-4772
Webサイトhttp://www.bd-tagos.net/
ブルドッカータゴス 店舗外観



人気記事