カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、国産スポーツバイクのカスタムマシンを紹介。いずれもプロならではの細かなこだわりやセッティングなどが注ぎ込まれ、アマチュアではなかなか到達できないようなハイレベルな仕上がりばかり。個々のパートのパーツチョイスや細かな仕上げ、車体姿勢の妙など、アマチュアでも参考になるポイントは多い。自身が乗っているモノと同一車種はもちろん、他車種のカスタム内容も参考にして、理想のカスタムマシンを構築しよう!

カワサキ
Z1R by パワービルダー

同社初取り扱いのYSSフロントフォークを活用して高い走行性能を追求

Z1R by パワービルダー

ページを共有

このZ1Rのオーナーはこの車両に15年以上乗り続けているベテランだ。乗り続けてきた過程では、各カスタムショップに出入りし、仕様変更を繰り返してきたとのこと。

パワービルダーが手がけるキッカケはエンジンだった。その段階で相応にチューニングされたエンジンだったそうだが、同社にリファインを依頼。そこで8年前、現在の仕様へと進化させた。コスワースピストン採用により1,166㏄化、APEカムシャフト、ツインプラグ化、クランク芯出し&曲がり修正などを実施し、オーナーも非常に満足する仕上がりとなっている。ちなみに8年前に現在の仕様になり、その8年間で相当に距離も走っているが、ノンオーバーホール状態でも軽々とパワーリフトできる、パワフルな状態を維持しているとのこと。

足まわりはオーナーが時代とともに各カスタムショップを巡って仕様変更を繰り返してきたが、現在はパワービルダーに一任。ただしオーナーの意向もあってYSSの前後ショックアブソーバという、同社ではめずらしい構成だ。ちなみに同社が参戦し続けているテイスト・オブ・ツクバでは、モンスタークラスを中心としてYSS製リヤショックを使用しているが、YSSのフロントフォークは同社でも初めての取り扱い。これはオーナーの希望もあったが、同社としても初めての取り扱いを楽しみにしていたと同社・針替伸明代表は語る。

「以前からYSS製フロントフォークには興味があったパーツなので、オーナーの希望もあって導入を決めた際には、新しいモノに触れることへの期待感もありました。各種セッティングをオーナーに合わせる過程で、当社としてもさまざまなデータを収集できることができましたし、ノウハウはオーナーのみならず、さまざまなユーザーにもフィードバックしていければと考えています」

オーナーがYSSを選んだ当初の理由は、カラーリングを含めて見た目の変化を望んだ部分も多分にあるようなのだが、もちろん見た目だけのカスタムをパワービルダーが行なうはずもない。またオーナーが各カスタムショップを転々としてきたのは、もともと走行性能に対して高い理想があったから。そのオーナーの高い理想を具現化することを重視し、同社のノウハウがあますことなく注ぎ込まれているのだ。

カスタムポイント

Z1R by パワービルダー

フロントフォークはYSSのKG308R武将。YSS製フロントフォークはもう一種類、KG308S影武者もあるが、こちらはアウターがドライカーボン仕様という上級モデルだ。高級なガスカートリッジ式ということで針替代表もオーナーと楽しみながらセッティング中とのこと


カスタムパーツギャラリー

  • Z1R by パワービルダー
  • Z1R by パワービルダー メーター
    メーターはタコ側の信頼性アップを図り、永井電子のウルトラに変更されている。見た目は純正ライクでまるで違和感はないが、装着の手間はかなりかかる、難易度の高い作業だとか
  • Z1R by パワービルダー エンジン
    エンジンは8年前にパワービルダーでチューニングし、相当に距離を走ったもののタペット調整程度以外は未オーバーホール。それでも今なお十分以上にパワフルで、パワーリフトも軽々
  • Z1R by パワービルダー エキゾーストシステム
    エキゾーストシステムは同社の機械曲げチタンメガホン。流麗な手曲げではなく旧車や旧車テイストのマシンの雰囲気に合うよう機械曲げを選択。集合はスパイラルコレクターで扱いやすさもアップ
  • Z1R by パワービルダー リヤブレーキ&ホイール
    ホイールは前後ともJBパワー・マグ鍛JB3をチョイス。同社がもっとも信頼しているホイールで採用例も数多い。ブレーキキャリパーはラジアルマウントのモノブロックタイプと超一級品を選択
  • Z1R by パワービルダー リヤショック
    リヤショックはYSSのSⅡ362。同社ではテイスト・オブ・ツクバでもYSS製ショックのサポートを受けていて、そのノウハウも同マシンに注ぎ込まれて高い路面追従性を追求している
  • Z1R by パワービルダー スイングアーム
    その昔、オーナーが各カスタムショップを転々としていた際に装着したという個性的なスイングアーム。おそらくはTRAC社製と思われるが、長さや剛性に問題を感じなかったため使い続けている
  • Z1R by パワービルダー リヤブレーキ
    リヤブレーキもニッシン2ポットキャリパーとφ260㎜ローターの組み合わせでコントローラブルナ操作性を追求する。ホイールもフロント同様にJBパワ・マグ鍛JB3。ワイドすぎない4.50幅だ
問い合わせパワービルダー
住所茨城県坂東市神田山1380-4
電話番号0297-21-5580
Webサイトhttps://power-builder.biz/
パワービルダー 店舗外観



人気記事