プロフェッショナルカスタムマシン

プロの製作したカスタムマシンは、市販化されたパーツをただ取り付けるだけではない。取り付けたパーツの性能をフルに発揮できるようにセッティングしたり、細かいフィッティングにもこだわっていて、それがひいてはマシンとしての完成度の高さに結び付いているのだ。その実例をここでは紹介する。

カワサキ
GPZ900R by パワービルダー

今やN/A200ps・TOT57秒台に到達したGPZ900Rの究極進化形

GPZ900R by パワービルダー

ページを共有

テイスト・オブ・ツクバ(以下、TOTと略)の顔役として必ず紹介されているマシンの筆頭格、それがパワービルダーのGPZ900Rだ。今や自然吸気で200psに到達する最高出力、筑波サーキットを57秒台でラップする卓越した走行性能は、GPZカスタムの究極進化形と呼ぶにふさわしい実力を備えている。そしてなお、さらなる速さを追求し続けている一台だ。

今やニンジャH2Rという最高馬力326psを発揮する怪物が生息するTOTハーキュリーズクラス。さらには最新スーパースポーツモデルのパワーユニットをそっくり流用したマシンも登場するなか、今や200psという数値自体は特別な意味は持たないのかもしれない。しかし、ZRX1200Rベースのエンジンを自然吸気で200psまで到達させたという事実には驚愕することだろう。それも一発勝負で、たとえばサーキットを20周するごとにオーバーホールが必須になるような特別な加工だとか、繊細な調整が必要なチューニングがほどこされているわけではない。使用しているパーツ類はいわゆる市販品ばかりであり、チューニングもセオリーに従った内容で作り上げられている。耐久性を無視するどころか安全性・信頼性重視の内容でもある。

GPZ900R by パワービルダー

もちろん、同じパーツを使用すればこのマシンと同じパワーが出るわけではない。通常、ZRX1200Rエンジンのチューニングはビッグボア化しても180ps程度が頭打ちとされている。実際問題としてパワービルダー・針替伸明代表も一時は180ps付近でパワーが頭打ちになっていたこともあるそうだ。そこでチューニングの基本に立ち戻り、パワーが生じる理由から理詰めで考え抜き、導き出された理由からついに200psに到達するパワーを引き出せたのだから、エンジンチューニングで名を馳せたチューナーの面目躍如といえるだろう。

そして、そのパワーを活かすための車体作りにも力が注がれている。これは、たとえば「フロントフォークをオーリンズ製倒立タイプにする」というような、個別の部品のグレードの話ではない。要は、どうすれば路面に適切な力をロスなく伝達できて、タイヤの性能をフルに引き出し、かつ車体姿勢を安定させることができるのか、という問題だ。そこで近年ではAIMのデータロガーを導入し、その研究を進めている。

データロガーで収集できるデータは多種多様だ。GPSによるサーキットでの位置取りとスピードをはじめ、前後ショックのストローク量、ブレーキ圧、スロットルポジション、空燃比などをモニタリングすることで、走行中に何が起こっているのかを視覚的にも把握できる点は大きいと針替代表は話す。

「とくにサスペンション関係での話だと、コーナー進入時にフロントフォークがどのくらいストロークして、どのくらいリヤショックが伸びているのか。その逆にコーナーの立ち上がりでリヤショックはどのくらいストロークし、そのストロークするスピードはどれだけなのか。この2点が重要になります。
ショックアブソーバは縮んでから伸びる一連の動きのなかでのストローク量とストロークスピードが重要です。たとえばバネレート11㎏/㎜のスプリングにプリロードをあまりかけない状態と、バネレート10㎏/㎜のスプリングにプリロードをかなりかけた状態とを比較してみて、コーナー立ち上がりでのアンチスクワットがどう変わるのかを確認してたり、そこから導き出されるリンク比を確認しています。
これらは今までなら経験や知識に基づいたデータ、あるいはライダーの感覚から導き出していたわけですが、ショックのストローク量をリアルタイムで検知・可視化できることで理想的な状態を導き出しやすくなっています。
マシンの構成自体は2017年ごろから大きくは変わらず、近年ではSTMのスリッパークラッチを導入した程度ですが、サスペンション以外にもさまざまなデータが可視化されたことでタイムは年々短縮できていますし、2019年に達成した57秒843というタイムにつながっています」

1998年に初めて同社がTOTに参戦してから早くも23年という月日が流れた。その間には多くの失敗も負けも経験している。それでもなお先に進むべく研究を続け、今もまだ進化を続けようとしている。5月9日(日)に開催されるTOTハーキュリーズクラス決勝で目指すはクラス優勝にとどまらず、57秒台前半、さらにはその先へ。パワービルダーの挑戦は続く。

カスタムポイント

GPZ900R by パワービルダー エンジン

自然吸気で最高時200psを発揮する、TOT屈指の存在であるこのマシン。ZRX1200RをベースにJE製ピストンとシリンダーキットで1,224㏄まで排気量を拡大し、キャリロ製コンロッドとヨシムラST-1カムシャフトを採用することでその数値を達成する。最適な動きを導き出すため、各部のフリクションを徹底的に除こうと重量合わせを徹底した結果の数値であり、特定の数値をクリアするためのチューニングではない。また、特殊な加工もほどこしたわけでもないそうだ。


カスタムパーツギャラリー

  • GPZ900R by パワービルダー ハンドル
    ハンドルはヤマハ純正品を流用。垂れ角などがしっくりくるとのことでパワービルダーのチームでも多くのライダーが採用する。ブレーキマスターはニッシンのレースモデルで、強烈な制動力に耐えられると評価して採用。しかしこれでもレース中に効きが甘くなることがあり、レバー調整用のノブも装着する
  • GPZ900R by パワービルダー ブラケット
    ブラケットはアンダーがGSX-R1000純正で、アッパーがアグラス製。フレームがオリジナルフレームに変わったことで最適なオフセット量を再設定するためのテスト用ブラケット等も装着し、適正な設定を導き出している
  • GPZ900R by パワービルダー オーリンズ製倒立フロントフォーク
    オーリンズ製倒立フロントフォークは市販品の状態だとダンピング性能がまったく足りなくなったため、内部をアップグレードさせることで対処している。改造作業はネストが担当
  • GPZ900R by パワービルダー フレーム
    フレームは2014年ごろからオリジナルフレームへと変更。基本的にはGPZ900R純正を踏襲した設定だが、エンジンのマウントをやや前傾にし、ピボットとスプロケットの位置を上げている点が異なる。キャスター角などは純正と同じだ
  • GPZ900R by パワービルダー ピボット部
    ピボット部が別体式とし、セッティング幅を広げている。具体的な数値の表記は避けるが、数㎜ほど上げ下げできるようにして、スイングアームの垂れ角を調整可能なようにしているのだ
  • GPZ900R by パワービルダー シートレール
    スクリーン(300g)と同等の重さしかないドライカーボン製アッパーカウルと、タンクとシートカウルが一体になったレーシング用外装を採用するこのGPZ900R。無駄を徹底的に省くため、シートレールも最低限の強度を保持して新規製作されている
  • GPZ900R by パワービルダー
    今やこのGPZ900Rは筑波サーキットを58秒台でコンスタントに周回するほどの強烈な走りを見せる。そこでそれに見合った制動力の発揮が期待されるブレーキまわりは、同社の信頼が厚いニッシン製ラジアル4ポットキャリパーとサンスターで特注したφ305㎜ローターを組み合わせた
  • GPZ900R by パワービルダー ラジエター
    ラジエターはCBR1000RR用を流用し、冷却効率を高めている。横幅も狭いのでバンク角を確保しやすいのも採用理由の一つだ同社から参戦する他のGPZ900Rレーサーでも採用例が多い
  • GPZ900R by パワービルダー ノジマエンジニアリングマフラー
    マフラーはパワービルダーが厚く信頼するノジマエンジニアリング製エキゾーストパイプと同ロックオンサイレンサーを組み合わせる。サイレンサーエンドの網はMotoGPでも採用される転倒時の吸い込み防止用だ
  • GPZ900R by パワービルダー オーリンズTTX
    リヤショックは2005年から、当時カワサキのチームグリーンしか使用していなかったオーリンズTTXを採用している。内部は年々アップグレードしており、性能面はもちろんあらゆる面で市販品とは様変わりした
  • GPZ900R by パワービルダー リヤブレーキ
    ライダーの山根光宏選手はリヤブレーキを積極的に使って車体姿勢を制御する。踏んだ瞬間から効力が発揮する効き方が好みなので、マスターを5/8インチにし、ローターを小型化してコントロール性を高めている
  • GPZ900R by パワービルダー ウィリー製スイングアーム
    ウィリー製スイングアームは強度面で申し分ないが、一時は垂れ角に不満を感じて作り直すことも検討していたそうだ。しかしリンクの最適化などで対処できたので、従来品を継続使用中
問い合わせパワービルダー
住所茨城県坂東市神田山1380-4
電話番号0297-21-5580
Webサイトhttps://power-builder.biz/
パワービルダー 店舗外観



人気記事