プロフェッショナルカスタムマシン

プロの製作したカスタムマシンは、市販化されたパーツをただ取り付けるだけではない。取り付けたパーツの性能をフルに発揮できるようにセッティングしたり、細かいフィッティングにもこだわっていて、それがひいてはマシンとしての完成度の高さに結び付いているのだ。その実例をここでは紹介する。

カワサキ
Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス

より乗りやすく快適なツーリングを楽しめるようリファイン

Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス

ページを共有

このZ1000MkⅡのオーナーは過去に本サイトで紹介したGPZ900Rオーナーの奥さまである。そのGPZ900Rと一緒に快適かつ楽しく走れるように、ブルドッカータゴスが手を加えたのがこのマシンだ。

今となっては良好な状態の空冷Z系を入手することは困難だ。オーナーが入手した段階ではそこまで酷い状態ではなかったそうだが、各部には年式相応のヤレが進行。そこでキレイにしてほしいとのオーダーで同社に入庫することになったのだ。

その際にはオーナーにとって乗りやすく、安心して走れる状態に各部をリファイン。まずリヤショックは全長が長すぎた社外製が装着されていたため、YSS製に交換し、さらにフロントフォークスプリングにはハイパープロを導入。そのうえでオーナーに合わせて車高を調整している。このあたり、車高を落とすとハンドリングを大きく犠牲にすると思われる節もあるが、前後をバランスよくセッティングすることでツーリングでの巡航はもちろん、使い勝手は大きく改善されている。

またホイールは純正から前後とも18インチとすべく、ゲイルスピード・タイプNホイールを装着。空冷Z系らしい風格を備えつつ、ハンドリングを改善させた。ブレーキもブレンボ製キャリパーとサンスター製ローター、ゲイルスピード製ブレーキマスターによってコントロール性と制動力をアップ。

Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス
Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス

パワー系はというと、もともと装着されていたCRキャブレターが経年劣化が見られたためFCRキャブレターへと換装。エキゾーストは空冷Z系定番といえるカーカー製メガホンタイプとし、吸排気を整えている。

そして空冷Z系なら確実に見直しておきたい電装系は新品メインハーネスへの交換、点火はASウオタニSPⅡとPAMS製パーツで信頼性をアップさせ、ツーリングへの不安を解消した。

ポジションパーツもアクティブ製ファナティックハンドルとPMC製ステップでオーナーの好みの位置関係を構築し、疲労低減に結び付けている。

足まわりから何から大変更を行なう、いわゆるフルカスタムと呼ばれる内容ではなく、純正の雰囲気や乗り味を大きく変更させず、空冷Z系の魅力はそのままに信頼性や乗り心地を改善させたこのマシン。こういった方向性はブルドッカータゴスお得意ともいえるモノだが、今や希少な空冷Z系で走り回る歓びを得るうえで、ぜひ参考にしていただきたいマシンだ。

Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス
Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス

カスタムポイント

Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス リヤショック

入手直後には他社製リヤショックが装着されていたが、オーナーにとって長すぎて車高が上がりすぎていた。そこでオーナーに最適化させるためYSS製に変更。車高を下げると衝撃吸収性や動きを阻害すると考える人も多いだろうが、セッティングによってネガを最小限に抑えつつ高性能社外製ショックの性能を引き出している


カスタムパーツギャラリー

  • Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス リヤショック
    ハンドルバーはファナティックのバーハンドルを採用したほか、スイッチ類は現行モデル用に交換することで使い勝手を改善させている。また冬季はもちろん雨天でも効果的なクリップヒーターを装着
  • Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス リヤショック
    ブレーキマスター、クラッチホルダーはともにゲイルスピード製へ変更している。ロングツーリングが多いとブレーキやクラッチの操作時間が増えるので、社外製への交換は効果的だ
  • Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス リヤショック
    高速道路を多用するため、防風を考慮してバイザーを追加。メーカー不明品だが効果は高く、快適なツーリングを楽しめるようになったとのこと
  • Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス リヤショック
    フロントフォークはオーバーホールし、そのうえでスプリングをハイパープロ製へと変更。初期からしっかりと動き、かつハードブレーキングでは踏ん張る落ち着いた足まわりを獲得した
  • Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス リヤショック
    エンジンはフルオーバーホールしたうえでペイントし、美しい外観を獲得した。また高速道路を使用してロングツーリングに出かける機会が多いそうで、熱対策としてアールズ製オイルクーラーを追加
  • Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス リヤショック
    もともとはCRキャブレターが装着されていたが、少し経年劣化が進行していたのもありFCRへと変更。排気量と扱いやすさを考慮してφ35㎜を選択した。エアクリーナーはDNA製だ
  • Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス リヤショック
    ステップはPMC製をチョイス。シンブルな造形が空冷Z系にマッチするのに加え、オーナーにとって最適なポジションを構築している。リヤマスターはニッシン製に交換
  • Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス リヤショック
    空冷Z系にとって永遠のアイコンの一つがカーカー製メガホンマフラー。スチール特有の重厚な排気音は存在感を引き立てるパーツだ。極端なカチ上げを避けてジェントルなスタイルを構築
  • Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス リヤショック
    マシン全体は純正風を意識したカスタムとなるが、足まわりに関しては安心して楽しめるようにと最新パーツを多用。ホイールはゲイルスピード・タイプNで、ブレーキキャリパーはブレンボだ
  • Z1000MkⅡ by ブルドッカータゴス リヤショック
    キレイにしたいという当初のオーダー通り、フレームから同社でリペイントし、新品さながらの質感を取り戻した。外装はオーナー側が別社に別途依頼してペイントされたモノだとか
問い合わせブルドッカータゴス
住所群馬県伊勢崎市戸谷塚町42-1
電話番号0270-75-4772
Webサイトhttp://www.bd-tagos.net/
ブルドッカータゴス 店舗外観



人気記事