カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、国産スポーツバイクのカスタムマシンを紹介。いずれもプロならではの細かなこだわりやセッティングなどが注ぎ込まれ、アマチュアではなかなか到達できないようなハイレベルな仕上がりばかり。個々のパートのパーツチョイスや細かな仕上げ、車体姿勢の妙など、アマチュアでも参考になるポイントは多い。自身が乗っているモノと同一車種はもちろん、他車種のカスタム内容も参考にして、理想のカスタムマシンを構築しよう!

ヤマハ
XJR1300 by サムライガレージ

優等生な乗り味にフックを加え、刺激を増した走りが楽しいXJR

XJR1300 by サムライガレージ

ページを共有

2017年に、惜しまれつつ生産終了が発表されたXJR1300。現状、ヤマハ最後の空冷直列四気筒エンジン搭載車として、今もその輝きは失せない。だが、カスタムの世界では今ひとつ勢いがないのも事実だ。

「最終型のXJR1300はすばらしいバイク、完成された一台だと思います。カスタムしても楽しいマシンだと、もっと知ってほしい」

そう語るのは、サムライガレージ代表の石坂一樹氏。GPZ900Rをはじめ、カワサキ車のカスタムを得意とする同社ではあるが、カスタムベース車としてXJR1300の可能性に注目。石坂氏が、自らの愛車として車両を入手し、このマシンを仕上げてきた。

「XJR1300はノーマルの完成度が高いと思います。そのぶん、優等生すぎておもしろみが少なく感じるのかもしれません。ですが、手を加えれば走りの楽しさを引き上げられます」

石坂氏が考えたのは、車体のポテンシャルを活かし、ライディングのおもしろさを引き出すこと。サスペンションを固め、リヤの車高を上げるなどディメンションを刷新。あわせてライディングポジションも全面的に見直された。そうしたモディファイを加えることで、バイク任せではなくライダーが積極的にマシン操作を楽しめる車体に仕上がっているという。石坂氏は「乗り味にクセをつけたかった」とのことだが、そのねらいは見事に達成されたといえるだろう。

また、モノトーンで統一された上品なエクステリアも新鮮。色使いには相当こだわったとのことで、アピアランス抜群のルックスにも注目したいところだ。ベース車は教習車仕様とのことだが、野暮ったい教習車であったとは思えないスタイリッシュさを誇る。すぐれたチューナーが手をかければ、マシンが激変することの好例といえる一台だ。


カスタムパーツギャラリー
  • XJR1300 by サムライガレージ
  • XJR1300 by サムライガレージ ナイトロン フロントフォーク
    [CUSTOM POINT]シルバーのアウターチューブと、ブラックのフォークボトムがスタイリッシュなナイトロンのフロントフォークは、サムライガレージによるカラーオーダーサービスで作られたモノ。ほかのカラーも選択できる。専用のホイールカラーキットが用意されており、ボルトオン装着可能
  • XJR1300 by サムライガレージ リゾマ タンクキャップ
    タンクキャップは、サムライガレージで取り扱うリゾマのアルミ削り出し製。社外品にはめずらしく、簡易タイプながら専用の開閉キーが付属。多くのヤマハ車に装着可能、対応車種については要問い合わせ
  • XJR1300 by サムライガレージ シート
    シートはサムライガレージのオリジナルパーツ“颯”。ホールド性を高めた形状。着座面は上がるが、シートの角を落とし足着きも向上。特殊なウレタンを使用しているため、長距離走行時の疲労も軽減できるという
  • XJR1300 by サムライガレージ TRAF-X ウインカー
    ウインカーはサムライガレージが輸入販売を行なっている、イタリアのTRAF-X(トラフィックス)。スタイリングを邪魔しないコンパクトなサイズながら、高い耐久性や防水性を確保したLEDウインカーだ
  • XJR1300 by サムライガレージ シート下小物入れスペース
    XJR1300の小さなシート下小物入れスペースを、飛躍的に大容量化するインナーフェンダーキットを発売中。FIモデル用とキャブレター用の2タイプが用意されている
  • XJR1300 by サムライガレージ シリンダーヘッドカバー
    シリンダーヘッドカバーはグレーの結晶塗装でペイント。色数を制限し、色調を統一することでマシンの質感を高めることが可能。カラーでマシンのイメージを変えるのは、このマシンのコンセプトのひとつだ
  • XJR1300 by サムライガレージ オイルクーラー
    オイルクーラーはプロトのラウンドタイプをチョイス。XJR1300用のキット品を使用するが、フィッティング類とホースをブラックとシルバーのパーツに変えることで、全体のパーツとカラーの統一を図る
  • XJR1300 by サムライガレージ フロントブレーキ マスターシリンダー
    フロントブレーキのマスターシリンダーはゲイルスピードを使用。リザーバータンクはリゾマのアルミ削り出しの製品にコンバートされる。リザーバータンクを変えるだけで、マシンの表情が違って見える
  • XJR1300 by サムライガレージ ブレーキキャリパー ブレンボフロントブレーキキャリパー484
    フロントブレーキのキャリパーはブレンボの484タイプで、ローターはサンスターのプレミアムレーシングφ320mmを組み合わせる。ストッピングパワーはもちろん、コントロール性にもすぐれるシステムだといえよう
  • XJR1300 by サムライガレージ リヤブレーキキャリパー
    リヤブレーキは、キャリパーは現状ノーマルを使用。ローターのみゲイルスピードに交換されている。ブレーキの性能アップは、システムまるごとではなくても、構成部品ごとに変えても効果を体感できる
  • XJR1300 by サムライガレージ ナイトロンリヤショック
    リヤショックは、ナイトロンのステルスツインをベースに、サムライガレージのカラーオーダーサービスでモディファイ。一部のパーツをシルバーに変えることで、イメージが大きく変化している
  • XJR1300 by サムライガレージ O・Zレーシング アルミ鍛造ホイール
    O・Zレーシングのアルミ鍛造ホイールのピエガを装着。ホワイトのカラーは、このマシンに合わせてRXコートで仕上げられたモノ。チェーンサイズは520にサイズダウンされ、フリクションロス低減をねらっている
問い合わせサムライガレージ
住所埼玉県川口市上青木西1-7-26
電話番号048-258-3001
Webサイトhttp://www.samuraigarage.jp/


人気記事