プロフェッショナルカスタムマシン

プロの製作したカスタムマシンは、市販化されたパーツをただ取り付けるだけではない。取り付けたパーツの性能をフルに発揮できるようにセッティングしたり、細かいフィッティングにもこだわっていて、それがひいてはマシンとしての完成度の高さに結び付いているのだ。その実例をここでは紹介する。

カワサキ
Z1000MkⅡ by ブルドック

ツインプラグを採用したGT-Mのハイエンドモデル

Z1R by ブルドック

ページを共有

ブルドックはこれまで、GT-Mと名付けたコンプリートマシンを製作してきた。カスタムコンセプトは、長く安全に安心して乗れることで、製作の過程ではエンジンから車体まですべて分解し、ダメージがある箇所はすべて修正してリフレッシュしている。採用するパーツは定評あるパーツが選択され、組み付ける際には、車体が1つのパッケージとして高い性能を発揮すべく、各パーツをバランスよくまとめている。

ここで紹介するZ1000MkⅡもGT-Mの一台だが、なかでもとくにハイエンドなモデルとなっている。注目すべきはエンジンだ。排気量を1197㏄にボアアップするのにともない、ピストンにはピスタルレーシングを採用する。

このほかZ1000Jヘッドに交換したり、6速クロスミッションを導入したりしたほか、ツインプラグ化するなど、徹底的にエンジンに手を加えている。

Z1R by ブルドック


カスタムパーツギャラリー

  • Z1R by ブルドック
    エンジンはハイパワー化と、そのパワーを活かすべく手が加えられている。ピスタルレーシング製ピストン、スリッパークラッチ、マッコイの6速クロスミッションを導入すると同時に、ツインプラグに変更されている。排気量は1,197㏄で、カムシャフトにはヨシムラST-L2を採用する
  • Z1R by ブルドック
    ホイールサイズを前後17インチにしたことと、車体の剛性をアップするため、ブラケットはマッコイのステムキットに変更する。オフセットが変更可能で、このZ1000MkⅡでは35㎜に設定している
  • Z1R by ブルドック
    マフラーに関してブルドックは、ウィンマッコイとウィンマッコイネオという2種類のブランドをラインナップする。このZ1000MkⅡには異形断面のウィンマッコイネオが採用される
問い合わせブルドック
住所栃木県足利市大久保町957-2
電話番号0284-64-9825
Webサイトhttp://www.bulldock.jp
ブルドック 栃木県足利市のカスタムバイクショップ