カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、国産スポーツバイクのカスタムマシンを紹介。いずれもプロならではの細かなこだわりやセッティングなどが注ぎ込まれ、アマチュアではなかなか到達できないようなハイレベルな仕上がりばかり。個々のパートのパーツチョイスや細かな仕上げ、車体姿勢の妙など、アマチュアでも参考になるポイントは多い。自身が乗っているモノと同一車種はもちろん、他車種のカスタム内容も参考にして、理想のカスタムマシンを構築しよう!

カワサキ
GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ

速さを追い求めて作り込まれたファイティングマシン

GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ

ページを共有

カスタムベース車として人気の高いGPZ900Rことニンジャ。トレーディングガレージ・ナカガワはこれまで数多くのニンジャカスタムを手がけてきたビルダーだ。その間、オリジナルパーツの開発やエンジンの耐久性を高めるためのメニューなどを生み出してきた。ここで紹介するニンジャはそれらを注ぎ込むことで、大幅なパフォーマンスアップをはたした1台である。

GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ

写真を見ればわかると思うが、ヘッドライトなどの保安部品が装着されていない『レーサー』だ。オーナーは街乗りで使っていたニンジャで、国内最大級の草レースであるテイスト・オブ・ツクバのF-ZEROクラスに参戦を決意。レーサーにすべく手を加え始めたころは、街乗りとサーキット走行を1台でこなしていたが、突き詰めていくと公道とサーキットとでは両立できない部分が出てきた。そこで街乗り用ニンジャを別に作り、レーサーと2台体制を敷く。

このレーサーはF-ZEROクラスに参戦するため、ニンジャエンジンをベースに、排気量アップをはじめチューニング。吸排気系と電装系も合わせたうえでセットアップすることで、160psをマークするという。なお数字上のパワーを追い求めるのではなく、扱いやすさも考慮しているのもポイントだ。

大幅に出力向上をはたしたエンジンに見合うこと、サーキットでタイムを出すために車体まわりにも徹底的に手が加えられている。とくにタイヤは重要だ。

ニンジャが登場した1984年と比べるとタイヤの性能は大幅に向上している。現代のハイグリップタイヤを履かせることはタイムアップの条件であるが、ニンジャに履かせるためにはボルトオンというわけにはいかない。またタイヤだけ履かせればいいわけでもない。車体全体のバランスを考慮して作り込んでいく必要がある。基本骨格となるフレームに補強を加え、前後サスペンションもグレードアップさせているが、装着にあたっての精度やその後のセットアップなど、これまで同社がつちかってきた技術・ノウハウが惜しみなく注ぎ込まれ、戦うマシンになっているのだ。


カスタムパーツギャラリー
  • GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ
  • GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ エンジン
    [CUSTOM POINT]テイスト・オブ・ツクバのF-ZEROクラスに参戦するため、GPZ900Rヘッドをベースにチューニングが進められている。ZRX1200Rなどを使うとハーキュリーズになってしまうからだ。排気量アップやハイリフトカムシャフト、ビッグバルブの導入をはじめ、各部の加工、さらには点火ユニットHIRやダイレクトイグニッション化なども含めて、出力向上をねらった。また耐久性を高めるために同社独自のDOS-Rも加えている
  • GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ ZZR1100オイルクーラー
    オイルクーラーはZZR1100の純正を使っている。装着位置は本来ヘッドライトがある場所だ。ここにセットするのが一番効果が高く、ラジエター前よりも油温が下がったという
  • GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ ブラケット
    ブラケットはオフセット30mmの同社オリジナル品を使っていたが、コーナーリング性能を高めるためにオフセット28mmに変更。通常ラインナップにはない、ワンオフのスペシャル品だ
  • GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ タコメーターとラップタイマー
    公道走行しないため、タコメーター(スタック)とラップタイマー(Qスターズ)のみのシンプルなコックピットになる。メーターマウントはカーボンプレートを加工したワンオフ品だ
  • GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ ハンドルバー
    ハンドルバーはメーカー不明品。マスターは強化したフロントブレーキのコントロール性を高めるために、ゲイルスピードのラジアルポンプをチョイスした。スロットルはアクティブ製だ
  • GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ ラジエター
    向上した出力を安定させて発揮させるために、ラジエターを大型化。選んだのはCBR1000RR純正だ。GPZ900R専用品でないため、当然ボルトン装着は不可のパーツである
  • GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ フレーム12ヶ所の補強とダウンチューブ追加
    出力向上やタイヤのハイグリイプ化とのバランスを考慮して、フレーム12ヶ所の補強を加えているが、ダウンチューブも追加。これは同社のオリジナル品だが、今は廃番になっている
  • GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ タンクカバーとテールカウル
    タンクカバーとテールカウルは一体型になっているパワビルダー製で、シートはラバーを組み合わせる。タンクは純正ではなくインナータンクで、軽量化にも結びついている部分だ
  • GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ オーリンズ倒立フォーク
    倒立フォークはオーリンズの汎用を使い、マシンに合わせてセッティングを煮詰めてきた。フロントブレーキはブレンボのラジアルキャリパーとサンスターのローターで強化している
  • GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ ウッドストック製ステップキット
    ピボットプレートもセットになったウッドストック製ステップキットを使用し、位置の最適化を図った。軽量化をねらって純正シートレールはカットし、アルミでワンオフしたという
  • GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ オーリンズ製リヤショック
    リヤショックはオーリンズ製で、GPZ900Rの前後ホイールを17インチ化した車両向けをチョイス。バネレートは変更している。リンクはライダーの体格を考慮して純正のままだ
  • GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ ノジマエンジニアリングエキゾーストシステム
    エキゾーストシステムはノジマエンジニアリングとコラボレートして、この車両に合わせて開発したというスペシャル品だ。同社は公道用もリリースしているが、それとは別モノになる
  • GPZ900R by トレーディングガレージ・ナカガワ スイングアーム
    チューンドエンジンのハイパワーを受け止めるため、スイングアームはウィリーのビッグ目の字断面を導入。リヤブレーキはブレンボ製キャリパーとサンスター製ローターの組み合わせだ
問い合わせトレーディングガレージ・ナカガワ
住所静岡県富士市天間1928-7
電話番号0545-71-3032
Webサイトhttp://www.tg-nakagawa.co.jp/



人気記事