プロフェッショナルカスタムマシン

プロの製作したカスタムマシンは、市販化されたパーツをただ取り付けるだけではない。取り付けたパーツの性能をフルに発揮できるようにセッティングしたり、細かいフィッティングにもこだわっていて、それがひいてはマシンとしての完成度の高さに結び付いているのだ。その実例をここでは紹介する。

カワサキ
Z1R by サンクチュアリー本店

現代的な走行性能を得ると同時に、機能美と完成度も追求する

Z1R by サンクチュアリー本店

ページを共有

サンクチュアリー本店が手がけるコンプリートマシン、RCM。RCMとは70〜80年代車を中心とした往年の名車に現代的なハンドリングを与え、現代でも通用するマシンへ復活させる一連のカスタムメニューで製作されたマシン群のことを指す。RCMの根幹は現代的なハンドリングの追求だ。そのために、かねてより同社ではスカルプチャーとしてシャーシパーツのブランドを立ち上げ、専用設計されたスイングアームやブラケットを採用することで、適正なキャスター角やトレール量が得られるよう力を注いでいる。

Z1R by サンクチュアリー本店


カスタムパーツギャラリー

  • Z1R by サンクチュアリー本店
  • Z1R by サンクチュアリー本店
  • Z1R by サンクチュアリー本店
問い合わせサンクチュアリー本店
住所千葉県柏市大井554-1
電話番号047-199-9712



人気記事