プロフェッショナルカスタムマシン

プロの製作したカスタムマシンは、市販化されたパーツをただ取り付けるだけではない。取り付けたパーツの性能をフルに発揮できるようにセッティングしたり、細かいフィッティングにもこだわっていて、それがひいてはマシンとしての完成度の高さに結び付いているのだ。その実例をここでは紹介する。

カワサキ
Z1000MKⅡ by サンクチュアリー本店

クラフトマンシップから賢くグレードアップする

Z1000MKⅡ by サンクチュアリー本店

ページを共有

サンクチュアリー本店を旗艦店とするサンクチュアリーグループでは、コンプリートマシンRCMの製作を多数手がけている。このRCMにはフルオーダーによる製作と、同社側がデモ車両として安価に製作するクラフトマンシップの2ラインがあり、今回紹介するZ1000MkⅡは後者としてXJR1300の足まわりを流用した形で製作がスタートし、オーナーが購入後、さらにカスタムを進化させた仕様となっている。

今後もしグレードアップを検討するにしても、各部はXJR1300を基準にすればよく、何もかもを最初から加工する必要もなくなるなど、メリット多数のカスタム例なのだ。

Z1000MKⅡ by サンクチュアリー本店


カスタムパーツギャラリー

問い合わせサンクチュアリー本店
住所千葉県柏市大井554-1
電話番号047-199-9712