カスタムの疑問

自分好みの乗り味やスタイルに愛機を構築していくのがカスタムだ。自由な発想のもと、理想形に近付けていくことは、バイクライフにおける楽しみの一つでもある。しかし、いくら自由な発想といっても、押さえておかなければいけないポイントは多数ある。公道を走る以上、安全面や法規面でクリアしなければならない要素は多く、また正常に各部を機能させるためのノウハウも必要になるのだ。そこで多くのライダーが抱いているであろうカスタムに対する疑問を抽出し、その解答を探っていく。

ページを共有

マフラーの疑問
マフラーの素材の違いで何が変わるの?
マフラーの重量が変わります

[マフラーの疑問]マフラーの素材の違いで何が変わるの?

一番の違いは重量。音質は素材の種類よりも厚みの影響が大きい

現在、マフラーの素材で使われるのは“スチール”“ステンレス”“チタン”が挙げられる。低年式の純正マフラーは素材にスチールを採用していたが、年式が上がるにつれ、ステンレスやチタンを採用するモデルも登場。これらの素材はマシンの方向性とコストのバランスを考慮して、車両メーカーが選定している。この素材が違うことで、何が変わってくるのかというと、それはズバリ“重量”だ。

空冷Z系などの純正マフラーに採用されているスチールマフラーや、ゼファー1100などの高年式ネイキッドモデルのステンレスマフラーを車体から外して手にしたことのあればよくわかるが、マフラーは相当な重量物。そして、マフラーの素材のなかで一番軽いチタンにすることで大幅な軽量化が期待できるのだ。もちろん、もともとスチールだったマフラーをステンレスに交換することで軽くなったり、純正でステンレスを採用するモデルに社外ステンレスマフラーを交換することも同様に軽量化をねらえることもある。これはなぜか? 同じ素材であってもパイプの肉厚を薄くするなどの工夫がされているからだ。

また、サイレンサー別体式を採用しているタイプのマフラーなら、チタンやステンレスに加え、アルミやカーボンなどの素材を使っているモノも存在する。とくにサイレンサーは車両の中心から離れて装着されているケースがほとんど。その部分が軽量化されることで、マスの集中化につながり、車両の倒し込みなどをより軽快にできるようになるのだ。

チタンマフラーが他素材のマフラーよりも高性能マフラーとして位置づけられているのは、その軽量さゆえ。素材が異なってもマフラーの構造、とくに管長・管径が同じであれば、性能の違いはない。チタン製だから排気効率が特別すぐれている、というわけではない。

ステンレスマフラー

ステンレスマフラー
高年式の純正マフラーにも採用されるステンレス。重量はチタンより重く、スチールより軽くなる素材、という位置づけ。価格はチタンよりリーズナブルで、耐熱性やサビに強いという面も持つ

チタンマフラー

チタンマフラー
マフラー用素材のなかで、もっとも軽量なのがチタンだ。高価だが強いので、他素材よりも薄い板厚を使用できるので圧倒的な軽さを獲得できる。厚さが薄いので排気音が甲高く乾いた音になる

スチールマフラー

スチールマフラー
価格的にもっともリーズナブルだが、他素材より重く、サビやすいという面もあるスチール。強度の問題などから他素材より板厚が増すため、重厚と評される重低音が響く排気音になる

人気記事