カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、国産スポーツバイクのカスタムマシンを紹介。いずれもプロならではの細かなこだわりやセッティングなどが注ぎ込まれ、アマチュアではなかなか到達できないようなハイレベルな仕上がりばかり。個々のパートのパーツチョイスや細かな仕上げ、車体姿勢の妙など、アマチュアでも参考になるポイントは多い。自身が乗っているモノと同一車種はもちろん、他車種のカスタム内容も参考にして、理想のカスタムマシンを構築しよう!

カワサキ
GPZ900R by スピードテック

ハイパワー化と軽量化を徹底し、激戦区のレースで勝利を目指す

ZEPHYR1100 by ストライカーワークス

ページを共有

このGPZ900Rはスピードテック代表の上田氏が“テイストオブツクバ”や岡山国際サーキットの“モトレヴォリューション”などのレースで乗車しているマシンだ。レースで勝つことを追求し、徹底的に作り込まれている。
戦闘力を求めるために力を注いだ要素が“軽量化”だ。乾燥重量で約230kgもあるGPZ900Rだが、徹底して軽量化を突き詰めていった結果、現在の車重は190kgほどになっているという。


カスタムパーツギャラリー
  • ZEPHYR1100 by ストライカーワークス
  • ZEPHYR1100 by ストライカーワークス
  • ZEPHYR1100 by ストライカーワークス
  • ZEPHYR1100 by ストライカーワークス
問い合わせスピードテック
住所大阪府高槻市竹の内町64-5
電話番号072-676-9433


人気記事