カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、国産スポーツバイクのカスタムマシンを紹介。いずれもプロならではの細かなこだわりやセッティングなどが注ぎ込まれ、アマチュアではなかなか到達できないようなハイレベルな仕上がりばかり。個々のパートのパーツチョイスや細かな仕上げ、車体姿勢の妙など、アマチュアでも参考になるポイントは多い。自身が乗っているモノと同一車種はもちろん、他車種のカスタム内容も参考にして、理想のカスタムマシンを構築しよう!

RCM USA
A16 by サンクチュアリー本店

70年代生まれの空冷Z系の魂を2016年式モデルとして再生

A16 by サンクチュアリー本店

ページを共有

A16フレームは“真の17インチ化空冷Z”というコンセプトで完全新設計。RCM USA社が30台限定で製造したのがA16なのだ。もともとはスタートエディションと呼ばれる仕様が存在し、そのうちの一台をサンクチュアリー本店がカスタムし、空冷Z系をイメージした外観で製作。エンジンこそ空冷Z(Z1000)だが、FIユニットによる電子制御などを取り入れ、まさに現代の空冷Zとしてあらゆる部分が刷新されたマシンとなった。

A16 by サンクチュアリー本店


カスタムパーツギャラリー
  • A16 by サンクチュアリー本店
  • A16 by サンクチュアリー本店
  • A16 by サンクチュアリー本店
問い合わせサンクチュアリー本店
住所千葉県柏市大井554-1
電話番号047-199-9712



人気記事