ページを共有

Ninja ZX-6R Slip-On R-11 サイクロン 1エンド EXPORT SPEC

中高回転域でのフラットな出力特性を重視

ヨシムラジャパンからNinja ZX-6R用スリップオンマフラー、R-11サイクロンが発売される。テーパー形状のサイレンサーボディとカーボンを使用したサイレンサーエンドが独特な存在感を与え、もともとNinja ZX-6Rが持つレーシーなイメージをさらに引き立てることを追求している。

サイレンサーは小型ながらも音量規制に適合した政府認証・JMCA認定品。音量だけではなくエキゾーストノートの質にもこだわった一品となる。さらには専用サイレンサーステーを純正のタンデムステップに沿うように設定し、サイレンサーを可能な限り車体側に追い込むことでバンク角確保も重視する。

小型化したことで重量は純正比で約60%という軽量化を達成。純正が5.0㎏なのに対してR-11チタンカバーモデルなら2.0㎏だ(数字はヨシムラジャパン調べ)。バイクの末端部分にあたるサイレンサーの軽量化はマス集中化につながり、運動性向上にも寄与する要素なので、Ninja ZX-6Rの性能をさらに高めることに貢献するだろう。

またパワーカーブが同社ウェブサイトで公開されているが、純正から大きくは変化がないものの、純正マフラー時だと中回転域で時おり落ち込むパワーが、よりフラットな特性になっているのが見て取れる。こういった特性を得て軽快な走りに磨きをかけているとのことだ。

主要素材はステンレス製になり、ラインナップはサイレンサーのカバー違いで3種類を用意。

適合は2009-12年式東南アジア仕様、2013年式東南アジア仕様、19-20年国内仕様となる。

Ninja ZX-6R Slip-On R-11 サイクロン 1エンド EXPORT SPEC
写真はSTB(チタンブルーカバー)

Ninja ZX-6R Slip-On R-11 サイクロン 1エンド EXPORT SPEC 政府認証

適合

09-12:600cc 東南アジア仕様、13:636cc 東南アジア仕様、19-20:国内仕様

価格

SM(メタルマジックカバー):10万5,600円
ST(チタンカバー):10万2,300円
STB(チタンブルーカバー):10万7,800円

※価格はすべて税込み

スペックデータ
近接排気騒音 93dB/6,250rpm (600cc 東南アジア仕様:09-12)
94dB/6,500rpm (636cc 東南アジア仕様:13)
92dB/6,750rpm (国内仕様)
加速走行騒音 81dB (600cc 東南アジア仕様:09-12)
81dB (636cc 東南アジア仕様:13)
82dB (国内仕様)
問い合わせヨシムラジャパン
電話番号0570-00-1954
URLhttps://www.yoshimura-jp.com


人気記事