T.O.Tマシンファイル

T.O.Tで長年活躍している車両を中心に編集部で厳選したファイティングマシンたちを紹介。製作された背景、実際の工夫点など、さまざまな方向から車両を紹介しているが、参考になるポイントはぜひ手本として、愛車に積極的に取り入れてもらいたい。
※本項で紹介するレーシングマシンはカスタムピープルVOL.171(2017年7月15日発売)など本誌で掲載した当時の仕様となります。現在は大幅に仕様が異なる場合もありますが、予めご了解ください。

カワサキ
Z1R

無駄を省いた合理的な作りが実力車の証

  • 参戦クラスMONSTER
  • チーム名イエローコーン& G.S.F
  • ライダー石神克俊
イエローコーン& G.S.F:Z1R

ページを共有

Z1Rでは2014年からTOTに参戦している石神氏。そのZ1Rはトップ争いを続けてきたマシンだが、装着されているパーツは入手しやすいものが多いことに驚く。そして“速いマシンは美しい”という鉄則にも沿った仕上がりである。

車体姿勢はニュートラル。極端なディメンションになっていないことからも素直な操縦性が想像できる。フレームはZ1ポリスがベースで、8ヶ所の補強とシートレール部がアルミ化されている。タイヤサイズは一般的なカスタムモデルと大差ない。車体もスリムに仕上がっていて、バンク角確保のためカットしてあるケースカバーのようすもよくわかる。

イエローコーン& G.S.F:Z1R
イエローコーン& G.S.F:Z1R
イエローコーン& G.S.F:Z1R
イエローコーン& G.S.F:Z1R





人気記事