カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、国産スポーツバイクのカスタムマシンを紹介。いずれもプロならではの細かなこだわりやセッティングなどが注ぎ込まれ、アマチュアではなかなか到達できないようなハイレベルな仕上がりばかり。個々のパートのパーツチョイスや細かな仕上げ、車体姿勢の妙など、アマチュアでも参考になるポイントは多い。自身が乗っているモノと同一車種はもちろん、他車種のカスタム内容も参考にして、理想のカスタムマシンを構築しよう!

カワサキ
ZRX1200 DAEG by 忍者

インパクトある見た目と高い利便性を組み合わせた一台

ZRX1200 DAEG by 忍者

ページを共有

時に1日で1000km走り、雨でも泊まりのツーリングに出かける。そんなツーリング好きの人物が手掛けたカスタム車を紹介する。ビルダーは大阪のカワサキ正規取扱店・忍者の伊藤彰代表だ。一発で作り手がわかるほど、個性的な車両である。

カスタムビルダー名が配置されていなくても、どの作り手が作ったかわかる車両。カスタム車を語る時に、この考えは重要な要素となってくるのではなかろうか。ここで紹介するZRX1200ダエグとZRX1200Sは忍者が手掛けた車両で、先述の車両に当てはまる典型的な事例だ。カウルにロゴは入れられているものの、同店の車両とわかるカスタム車となっている。

大きな特徴の一つがカラーリングだ。ピンクとブラックという組み合わせは奇抜なデザインになりがちだが、この2車種の場合、上品ささえ漂うグラフィックとなっている。同店では過去に、ゴールドやシルバーを基調としたペイントに取り組んでいるが、いずれも優美なグラフィックに仕上げられている。

また、同店のカスタム車の特徴である、ツーリングでの高い利便性もよく反映されている。ここで紹介しているカット以外にも、足休めがあるステップや、荷かけフックの増設など、いたるところに利便性を考慮した工夫がほどこされている。つまりこの2台は個性の強さと利便性といった、バイク乗りが喜ぶ2つの要素を取り入れた車両といえるだろう。


カスタムパーツギャラリー
  • ZRX1200 DAEG by 忍者 フォグランプ
    車両の横でひと休みする時など、ヘルメットを手軽に掛けられるように、グラブバーにホルダーを追加で装着した。ちょっとした工夫だが、あるとうれしい装備だ
  • ZRX1200 DAEG by 忍者 足まわり
    楽しく軽快なコーナリングを目指して、足まわりを変更。ホイールやサスペンション、スイングアームなど、カスタムパーツとして定評のある物ばかりを選択
  • ZRX1200 DAEG by 忍者 サラマンダー
    マフラーは同店オリジナルブランドのサラマンダーに変更する。フルエキゾーストで、このブランドは緩やかな曲線を描くメガホンタイプの形状が特徴となっている
  • ZRX1200S by 忍者 テールランプ
    このダエグのテールランプが何か? この写真だけでは多くの人がそう思うだろう。だが、この写真はZRX1200Sのもので、ダエグのテールランプを流用しているのだ
問い合わせ忍者
住所大阪府堺市中区福田512-4
電話番号072-235-1550



人気記事