T.O.Tマシンファイル

T.O.Tで長年活躍している車両を中心に編集部で厳選したファイティングマシンたちを紹介。製作された背景、実際の工夫点など、さまざまな方向から車両を紹介しているが、参考になるポイントはぜひ手本として、愛車に積極的に取り入れてもらいたい。
※本項で紹介するレーシングマシンはカスタムピープルVOL.171(2017年7月15日発売)など本誌で掲載した当時の仕様となります。現在は大幅に仕様が異なる場合もありますが、予めご了解ください。

カワサキ
ZX-4

瞬く間にゼロ4クラスを席巻した4ストローク勢の星

  • 参戦クラスZERO-4
  • チーム名ゲズンハイトレーシング
  • ライダー滝口昌彦
ゲズンハイトレーシング:ZX-4

ページを共有

2012年11月からTOT・ゼロ4クラスに参戦を開始し、またたく間に上位進出・クラス優勝、そして2016年にはコースレコード1分02秒238を叩き出すに至ったZX-4だ。レース用パーツも使うが、基本的に純正流用で組み上げられているのも特徴だ。

TT-F3仕様そのままの外装、そしてカワサキのチームグリーンが全日本ロードレース選手権で使っていた配色から、懐かしい雰囲気すら感じさせる。しかし筑波サーキットを1分02秒238でラップし、2016年11月にゼロ4クラスのコースレコードを塗り替えた実力者なのだ。製作は静岡県のゲズンハイトが担当。

ゲズンハイトレーシング:ZX-4
ゲズンハイトレーシング:ZX-4
ゲズンハイトレーシング:ZX-4
ゲズンハイトレーシング:ZX-4


問い合わせモータークラブ ゲズンハイト
住所静岡県牧之原市菅ヶ谷250-1
電話番号0548-52-5707



人気記事