プロフェッショナルカスタムマシン

プロの製作したカスタムマシンは、市販化されたパーツをただ取り付けるだけではない。取り付けたパーツの性能をフルに発揮できるようにセッティングしたり、細かいフィッティングにもこだわっていて、それがひいてはマシンとしての完成度の高さに結び付いているのだ。その実例をここでは紹介する。

ハーレーダビッドソン
GLAYN’ LDIER by ハーレーダビッドソン名古屋

戦闘的なシルエットのストリートカフェレーサー

GLAYN’ LDIER by ハーレーダビッドソン名古屋

ページを共有

こちらは2018年に開催された日本全国のハーレーダビッドソン正規ディーラーがカスタムを競うコンテスト“Battle of The Kings(バトル・オブ・ザ・キングス)”の3位入賞車両で、ベース車両はFORTY-EIGHT。

フォーティエイトが持っているボバースタイルを一新。低い位置にセットされたクラブマンハンドルバーやバーエンドミラー、短いシートカウルなどによりファイティングスピリッツあふれるカフェレーサースタイルとしたのはハーレーダビッドソン名古屋だ。コンパクトなピーナッツタンクとコンパクトなシートカウルによってファット感を増しているタイヤがほかに類のないシルエットを形成。ブラックエキゾーストなど、シンプルなカラーリングを採用した大胆なカスタマイズは見る者の目を引きつけて離さない。ワインディングを駆け抜けていく姿が想像できるカスタムだ。

GLAYN’ LDIER by ハーレーダビッドソン名古屋
バーハンドルながら低いポジションを実現するクラブマンハンドルバーを採用。メーターまわりのシンプルさは群を抜いている。タンクのカラーも印象的だ

カスタムパーツギャラリー

  • GLAYN’ LDIER by ハーレーダビッドソン名古屋
    これぞカフェレーサーと言わんばかりのコンパクトなシングルシートカウル。ファットなタイヤのパターンもクラシックレーサー風のイメージをかもし出している
  • GLAYN’ LDIER by ハーレーダビッドソン名古屋
    有機的な造形のスタビライザーとショートフェンダー、ショートストロークのフロントフォークなどの組み合わせが、軽快かつスポーティな走りを連想させる
  • GLAYN’ LDIER by ハーレーダビッドソン名古屋
    低いハンドル位置にあわせて、ステップは大きく後退されている。これらの組み合わせにより、マシンと一体化するようなローポジションが実現しているのだ
製作ハーレーダビッドソン名古屋
住所愛知県名古屋市千種区香流橋2-3-1
電話番号052-771-8080



人気記事