ページを共有

ストライカー 2023年モデルZ900RS用フルエキゾーストマフラー

カスタムブランド“ストライカー”を展開するカラーズインターナショナルは、そのストライカーブラントから2023年モデルのZ900RSに適合するフルエキゾーストマフラーを発売する。発売時期は2022年12月中旬以降から2023年1月中旬以降に順次デリバリーを予定している。

現在、新型車は2020年12月以降、継続生産車は2022年11月1日以降に生産された全バイクは平成32年(令和2年)排出ガス規制の施行により、従来よりも厳しい排気騒音・排ガス規制の対象となっている。Z900RSは2023年モデルが2022年9月10日に発売開始となったため、2023年モデル以降のZ900RSはこの新規制の対象だ。

そこで新排出ガス規制、騒音規制をクリアした型式:8BL-ZR900K専用のマフラーとして開発・販売するのが本製品となる。JMCA認定・政府認証も取得している。

ストライカーのマフラーはZ900RSらしさを活かすよう、近年のトレンドである4-2-1ではなく、あえて4-1集合スタイルを採用。しかし性能を最大限引き出すために集合部分の内部をセパレート仕様にすることで4-2-1の特性を追求したモデルとしている。

またエキゾーストパイプのコニカルテーパーなどを採用し、とくに中低速を重視し、かつトップエンドまですべてのレンジのパワーアップを満たすため高い技術で開発したとのことだ。

今回は2モデルの紹介となるが、マフラー重量は4kg台とノーマル(11.7㎏)比で約75%の軽量化となり、運動性能の向上も期待できる。

サイレンサーはいずれも2種・2色を設定。形状はオーソドックスな真円サイレンサーとカーボンエンド採用した異形OFF-Type B サイレンサーの2種とした。カラーは青いグラデーションが美しいチタンヒートカラーとチタン素地感のチタンソリッドとなる。

なお、いずれも車検対応は8BLとして取得しているため8BL以外、つまり2022年モデルまでの型式となる2BLの車両では車検非対応となる。近年では車名や発売年時だけではなく型式でマフラーの車検適合・不適合が異なるケースも非常に多いので、購入前には車検証の型式を確認いただきたい。

STRIKER STREET CONCEPT チタンフルエキゾースト JMCA 4-1 STD `23 Z900RS/CAFE(型式:8BL) 真円サイレンサー

ストライカー 2023年モデルZ900RS用フルエキゾーストマフラー

価格 25万800円
適合型式 型式:8BL-ZR900K
原動機の型式:ZR900BE

STRIKER “INTER MODEL”SCフルエキゾーストOFF-TypeB JMCA 4-1STD KAWASAKI `23 Z900RS/CAFE(型式:8BL)

ストライカー 2023年モデルZ900RS用フルエキゾーストマフラー

価格 27万5,000円
適合型式 型式:8BL-ZR900K
原動機の型式:ZR900BE

※価格はすべて税込み

問い合わせカラーズインターナショナル
TEL045-949-1345
URLhttps://www.striker.co.jp