T.O.Tマシンファイル

T.O.Tで長年活躍している車両を中心に編集部で厳選したファイティングマシンたちを紹介。製作された背景、実際の工夫点など、さまざまな方向から車両を紹介しているが、参考になるポイントはぜひ手本として、愛車に積極的に取り入れてもらいたい。
※本項で紹介するレーシングマシンはカスタムピープルVOL.171(2017年7月15日発売)など本誌で掲載した当時の仕様となります。現在は大幅に仕様が異なる場合もありますが、予めご了解ください。

ホンダ
CB400FOUR

ヨンフォアの可能性を徹底追求した究極の一台

  • 参戦クラスZERO-2
  • チーム名アゲインRC
  • ライダー松永直人
アゲインRC:CB400FOUR

ページを共有

2ストローク250㏄以下、4ストロークは555㏄以下のマシンで競われるゼロ2クラス。VF400FやRZ250という水冷マシンに真っ向勝負を挑むアゲインの赤いヨンフォア。往年のレーサーのようなスタイルながら、脅威の速さを見せ付ける。

70年代後半に登場し、世界各国の耐久レースを席巻したホンダRCBをイメージして製作。製作当初はカウルレスだったが、やがて現在のスタイルになった。カウルはヤマハの市販レーサーTZ125用を流用。シートレールを作り直して往年の雰囲気をかもし出す小ぶりなテールカウルを装着。サイドカバーはカーボンだ。

アゲインRC:CB400FOUR
アゲインRC:CB400FOUR
アゲインRC:CB400FOUR
アゲインRC:CB400FOUR


問い合わせアゲイン
住所大阪府大阪狭山市東野中3-324-3
電話番号072-368-3544



人気記事